TOPPAGE

川越ライオンズサッカー少年団.jpg
練習は厳しく、試合は楽しく 最後まで絶対に諦めない

2018年06月08日

【OB活躍】[大学サッカー]東京国際大、奮起のキーマンを紹介 トップ下・浅利

 ライオンズOBで現東京国際大学サッカー部の浅利航大さんの活躍が紙面に載りました!皆さんも活躍に期待しましょ!!

PK2018060802100096_size0.jpg20180608161048.jpg


 第92回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は第8節まで消化した。1部復帰2年目の東京国際大はここまで2勝3分け3敗の勝ち点9で10位とやや苦しい戦いが続く。6位に食い込み、その後の全日本大学選手権(インカレ)では3位入賞を果たした、昨年度の実績を超えるためには、大いなる奮起が必要だ。今季からトップ下に入っているMF浅利航大(4年・水戸ユース)のブレークが待たれる。MF石田勇大(4年・水戸啓明)主将のけん引ぶりにも注目したい。 (関孝伸)

◇トップ下新境地 4年MF・浅利

 昨季は不完全燃焼のシーズンを過ごしてしまった。プロ入りへの足がかりをつかむ勝負の年と位置づけながら、MF浅利は1ゴールに甘んじた。レギュラーの座を守り通すことができず、シーズン最後のインカレでは、出番をほとんど得られなかった。

 「正直、どうしていいかわからない時期があって、そのときはつらかったです」

 迎えた今季もスタートから逆風にさらされた。リーグ開幕の数日前に左太ももの前部を痛めてしまったのだ。幸いにもそれほどひどくなかったため、第2節から戦列にもどり、交代出場でピッチに立った。すると、その直後に転機が訪れた。

 従来は基本的にサイドMFで起用されてきたのだが、スタメン復帰した第3節の一戦では、トップ下のポジションに入った。これが「結構やりやすかったんです。やっていて楽しかったです」とはまったのだ。

 ボールにより多く触ることでリズムをつかむ。相手の嫌がる位置にスッと入り込んでボールを受け、テンポよくつないでいく。そうしたスタイルだけに、サイドMFに比べてより多くボールに絡むことができ、より自由に動くことができる、トップ下の方が合っていたようだ。そして、味方がプレーしやすい状況をつくり出すことを常に意識する中から、最後には自らもゴールを陥れる。

 トップ下を務めた最初のゲームでいきなり得点を挙げ、手応えをつかんだ。ここまで先発出場6試合で2ゴール。苦しいチーム状況の下、新境地を開いたMFにかかる期待は大きい。

 「(右利きだが)右左関係なく、シュートを打つことができます。(シュートの)技術には自信があります」と胸を張るアタッカーが、チームに貴重な得点をもたらす。「今年はもう後がないという意識です。この先の人生が決まる年で、一試合一試合に人生がかかっている、それくらいの意気込みでやっています」と武者震いする背番号10が、チームにパワーを与える。

◇浅利ア・ラ・カルト

 ◆独り映画 高校時代のあるとき、見たいと思った映画に友だちを誘ったところ、映画の趣味が合わず、一緒に行ってくれる人が周りにいないという状況に陥った。仕方なく独りで見に行き、以来、それが習慣化。先月は独り映画で2本見た。

 ◆姉・英里奈さんからのスパイク つい先日、誕生日のプレゼントとして買ってもらった。J1神戸に加入したMFイニエスタが履いているモデルだ。早ければ、次節から着用するが、「ゴールかアシストで結果を残さないと没収するから」と、英里奈さんからハッパをかけられているという。

<浅利航大(あさり・こうだい)> 1996(平成8)年4月7日生まれの22歳。埼玉県川越市出身。174センチ、63キロ。川越白ゆり幼稚園年中組のときにサッカーを始めた。川越ライオンズサッカー少年団から1FC川越水上公園に進み、高校時代はJ2水戸の下部組織に所属した。東京国際大では1年時の途中からリーグ戦に出場してきた。

posted by 管理者 at 15:34| OG・OBのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

【6年生】上尾市長旗2018の要項と「抽選後」組み合わせの掲載

上尾市長旗2018の要項と「抽選後」組み合わせを掲載します。


posted by 管理者 at 17:57| 大会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【5年生】くらづくり杯の要項及び組合せの掲載

くらづくり杯の要項及び組合せを掲載します。

posted by 管理者 at 17:51| 大会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【3年生】KSJ3年生リーグの組み合わせ及び要項の掲載

KSJ3年生リーグの要項及び組み合わせを掲載します。

posted by 管理者 at 17:46| 大会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする